平成25年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業) 受託(2013年)

「鶏舎内の無臭化およびハエ発生防止効果を持たせた新規乳酸菌による発酵飼料の開発」

畜産環境の課題

1. ハエは病気を伝播する害虫だが、安全に処理しきれない

2. 世界的にハエは家畜に数千億円の損害を与えると推測される

3. ハエの幼虫は家畜のフンを液状化させる

4. 悪臭の原因のひとつのアンモニアの発生を助長する

5. アンモニアは慢性呼吸器病の増加や設備の劣化に影響する

                            ↓

「バイオすくすく2号」使用でアンモニア濃度の減少が認められた


【サポイン事業内容・研究目的】

これまで養鶏に使用されている飼料に、発酵飼料添加物を数%添加することにより、悪臭とニオイの問題を同時に解決する可能性が得られた。この発酵飼料添加物の大量製造技術を確立し、事業化するためのデータ取得を研究の目的とする。これまでの知見を基にして養鶏場の悪臭防止と、ハエ発生の低減を達成することが出来る発酵飼料添加物を研究開発するための研究を行う。

【事業成果】バイオすくすく2号使用の効果

1.鶏糞臭気の主成分であるアンモニア濃度測定結果

対象となる試験区に比べ、ほとんどゼロに近い結果で計測された

佐世保農場(バイオすくすく2号使用農場)

​前原農場(未使用農場)

ミニトマト

アンモニア濃度激減!

​(実際の農家の協力を得て実施した試験結果)

​ アンモニア=鶏ふん臭気の主成分

分析報告機関:クリタ分析センター株式会社 G11-2014-0837

​アンモニア濃度 0ppm

2.飼料の安全性評価

​1.単回投与毒性試験試験(雌ラット)         LD50 2000mg/㎏以上

2.復帰突然変異試験                 陰性(突然変異誘起性なし)

3.有害重金属分析(鉛、カドミウム、水銀、総ヒ素)  検出せず・基準値以下

  ↓

安全性は問題ないと考えられる。

  分析報告機関:(一財)日本食品分析センター 第14036999001-01~03号

物質名       対象となる飼料         基準[mg/kg]

鉛        配合飼料、乾牧草等           3          

カドミウム    配合飼料、乾牧草等           1          

水銀       配合飼料、乾牧草等           0.4        

総ヒ素      配合飼料、乾牧草等(稲わらを除く)   2          

参考〈飼料中の重金属の基準値〉

飼料の安全性の確保及び品質の改善に関する法律

(昭和28年4月11日・法律第35号)

日本における飼料の安全性確保に関する枠組

(飼料中の化学物質に関する規制(重金属)

臭い問題が解決!サポイン対象区農家

臭いで訴訟になっていたが、保健所より問題なしと許可

鶏糞臭気の主成分であるアンモニア濃度測定結果

対象となる試験区に比べ、ほとんどゼロで計測

その他の効果として

1. ハエがいなくなった

2. 成長が早く、

  ワンランク下のエサにしたため エサ代軽減

3. 病気がなく、抗生剤不使用に!

  2017年現在同飼料を鶏舎に敷いて

  敷料を鶏が食べ、そのまま発酵した鶏ふんを堆肥を鶏舎に戻す

  「戻し堆肥」の方法を採用

4. コクシジウム・大腸菌が減って、

  おなかがきれいになった

5. コロコロのフンになり、フンの処分代が不要になり

  さらに良質の鶏ふん堆肥として販売できるようになった

消毒代も不要!

​今まで8万羽で鶏舎の消毒代1回20~30万円×数回

​    +

薬代削減・体重増加

コロコロの鶏フン

戻し堆肥の鶏舎