お客様からの声(実例集)

 

A飼料「バイオすくすく2号」「イムノメイト1000」を使われたお客様からのレポートです。

あなたの農場の参考にご覧ください。

搾乳牛

佐賀県 搾乳農家様

 

A飼料「バイオすくすく2号」1日に240ml(手でつかんで3杯分)エサに混ぜて使用

 効 果 

1. 乳量アップ(下表参照)

2. 乳房炎改善(下表参照)

  体細胞数でのペナルティーなし

  初期の乳房炎が減少

3. ストレス軽減

  今までは隣の牛と小競り合いしていたが、

  イライラがなくなりおとなしくなった。

  食後も写真のようにゆったりと寝そべっている。

  今までこんな姿は見られなかった。

5. 顔がきれいに!

  写真のように澄んだブルーのめに!これは健康な印

  鼻水もなくきれいに!

6. 牛乳がおいしくなった(お客さん談)

  道の駅に牛乳・ヨーグルト・ヨーグルトドリンク等出荷。

 データ 

​実際に農家様からいただいたデータです

食後ゆったりとしている牛

4. 下痢が改善

  シャワーのように撒き散らすようだったのが

  改善

ポタンとしたフン

健康で澄んだきれいな目

×3

5. 顔がきれいに!

  写真のように澄んだブルーのめに!これは健康な印

  鼻水もなくきれいに!

6. 牛乳がおいしくなった(お客さん談)

  道の駅に牛乳・ヨーグルト・ヨーグルトドリンク等出荷。

 データ 

​実際に農家様からいただいたデータです

乳量の推移 

使用後、どんどん乳量が増えている

体細胞数と空胎期間

空胎期間

(出産から次の妊娠までの期間)

年平均59日短縮

​=回転がよくなっている

宮崎県立都城農業高校三股農場様 2017年10月

 

A飼料「バイオすくすく2号」エサに0.4%(重量比)添加→その後0.2%添加

 効 果 

1. 体細胞数減少 → 乳房炎リスク軽減

​2. 分娩間隔短縮 → 不胎日数 大きく改善

経過観察時期

2015年投与前11か月平均

投与後2015年9月検定

1年経過 2016年5月検定 年平均

​2年経過 2017年5月検定 年平均

体細胞数

178

41

51

​76

分娩間隔

545

441

​414