お客様からの声(実例集)

 

A飼料「バイオすくすく2号」「イムノメイト1000」を使われたお客様からのレポートです。

あなたの農場の参考にご覧ください。

◆養鶏農家(佐賀県)

 

使 用
 
「バイオすくすく1号」使用


使用実績
  1 
臭い問題が解決

​   臭い問題で訴訟になっていたが、保健所より「問題なし」と許可

   アンモニア濃度がゼロに近い数値で測定
  2 ハエがいなくなった

  3 成長が早く

   ワンランク下のエサにしたため エサ代軽減 ​

  4 病気なく、抗生剤不使用に!

   2017年現在、「バイオすくすく床まき」を鶏舎に敷き

   敷料を鶏が食べ、そのまま発酵した鶏ふんを鶏舎に戻し

   「戻し堆肥」の方法を採用

 5 コクシジウム・大腸菌が減って

  おなかがきれいになった

  4 コロコロのフンになり

   フンの処分代が不要に なり

​   良質の鶏ふん堆肥として販売 できるようになった

ブロイラー

戻し堆肥の鶏舎

コロコロの鶏フン

平成25年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)

                       受託(2013年)

テーマ「鶏舎内の無臭化およびハエ発生防止効果を持たせた

                  新規乳酸菌による発酵飼料の開発」

畜産環境の課題

1. ハエは病気を伝播する害虫だが、安全に処理しきれない

2. 世界的にハエは家畜に数千億円の損害を与えると推測される

3. ハエの幼虫は家畜のフンを液状化させる

4. 悪臭の原因のひとつのアンモニアの発生を助長する

5. アンモニアは慢性呼吸器病の増加や設備の劣化に影響する

「バイオすくすく2号」使用でアンモニア濃度の減少が認められた

鶏糞臭気の主成分であるアンモニア濃度測定結果

対象となる試験区に比べ、ほとんどゼロに近い結果で計測された

                                  測定機関:クリタ分析センター株式会社

【実際の農家の協力を得て実施した試験の結果】

 鶏ふん臭気の主成分である

 アンモニア濃度が激減!!

​  ↓

今まで8万羽で鶏舎の消毒代1回20~30万円を数回していたが

●消毒代も不要になった

薬代削減

●体重増加

無薬でも成績が下がらない 長崎県島原市農家

使用:バイオすくすく2号

1. 投薬治療を止めても成績が下がらなかった

2. 鶏ふんの臭いが薄れてきた

3. 2回目:育成率が100%を超えだした

  3回目:育成率が100%を超え、生体重も3kgを超えた

4. 鶏ふんを検査すると、大腸菌やクロストリジウムなどは存在しているので

​  乳酸菌などで抑え込まれていると推測される

←2014/05より使用開始

​ 以後、無薬にて肥育